RSS

ツナ缶世界最大手タイ・ユニオン、違法・過剰漁業対策と労働者保護表明

2017年7月13日(木) 13時54分(タイ時間)
【タイ】タイのツナ缶世界最大手タイ・ユニオン・グループは11日、違法漁業と過剰漁業対策に取り組むとともに、グループのサプライチェーンに関わる労働者の生活を向上させると発表した。

 国際環境保護団体グリーンピースの呼びかけに応じたもので、2020年までに、サプライチェーンで使用する人工集魚装置を半減するとともに、人工集魚装置を使用していないことを証明できる魚の供給量を世界の市場で2倍にする。人工集魚装置は漁の効率を上げるため魚をおびきよせる浮遊物で、その周りに小さな生態系を形成し、漁の対象となるマグロ以外に、サメ、ウミガメ、未成魚のマグロなどの生物をとってしまう原因となる。

 また、洋上転載(海上で積み荷を移し替える行為)の一時禁止を、サプライヤーが新たな厳しい条件を満たさない限り継続する。洋上転載は何カ月、ときには何年にもわたり漁を続けることを可能にし、違法な活動を助長する懸念がある。

 洋上転載を行うすべてのはえ縄漁船に独立した監視人を配置し、労働者の権利が侵害されていないかを調査、報告させる。取引のあるすべてのマグロはえ縄漁船に監視人、または監視技術を設置する。

 海上の労働者が人道的で公平な待遇を受けることを確実にするため、サプライチェーンに関わる全ての漁船が従うべき包括的な行動規範を策定し、現行の企業倫理基準と労働者の行動規範を補強する。第三者による独立した監査機関を設立し、監査結果を一般に公表するとともに、改善事項の達成を確実なものにするための明確な期限を定める。

 2020年までに、マグロ漁の大部分をはえ縄から一本釣り、または曳き縄に移行し、混獲を減らすための有効手段を実行する。はえ縄漁船は漁の対象ではない海鳥やウミガメ、サメなどを混獲するリスクがある。

 トレーサビリティをすべてデジタルに移行し、どの船で、どのような方法でとられたマグロなのか、人々が情報をたどれるようにする。

 グリーンピースとタイ・ユニオンは、成果と進捗状況を評価するため、半年ごとに話し合いの場を持つことにも合意した。総括として、2018年に、独立した第三者機関がそれまでの成果を評価する。

 タイ・ユニオンは世界的に知られたツナ缶ブランド「チキン・オブ・ザ・シー」、「ジョン・ウェスト」、「プティ・ナヴィール」、「マーレブル」、「シーレクト」などを所有。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ水産加工大手タイ・ユニオン・グループは10日、米シーフードレストランチェーン、レッドロブスターに5億7500万ドル出資すると発表した。外食事業への参入が狙い。

【タイ】タイ水産加工大手タイ・ユニオン・グループは5日、カナダのロブスター加工会社レ・ペシュリ・ダ・シェヌを買収すると発表した。

【タイ】タイ水産加工大手タイ・ユニオン・グループは29日、インドのエビ加工会社アバンティ・フローズン・フーズの株式40%を12億5410万ルピー(約6・5億バーツ)で取得すると発表した。

【日本、タイ】山本農水相とタイのチャチャイ農業協同組合相は5月31日、「違法、無報告及び無規制(IUU)漁業」問題への取り組みに関する共同声明に東京で署名した。

タイ軍政、違法漁業の取り締まり強化 漁船多数が出漁見合わせnewsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ軍事政権が1日から、違法・無報告・無規制漁業(IUU)の取り締まりを強化したことを受け、タイ各地で検挙を恐れる漁船多数が出漁を見合わせた。当分の間、漁獲高が減...

【タイ】欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会は21日、タイ政府に対し、違法・無報告・無規制漁業(IUU)の取り締まりが不十分だとして、6カ月以内に改善計画を実施しない場合、タイからEU域...

タイ南部で漁船の出入港検査強化 奴隷労働報道でnewsclip

【タイ】タイ農業協同組合省漁業局は4月1日から、タイ南部のチュムポン、ラノン、ソンクラー、プーケットの4県の港で、30トン以上の漁船に対し、出入港の際に、船員や漁具、漁獲などの情報を提出することを...

【タイ】23日午後2時ごろ、タイ東部ラヨン県沖約7キロの海上で、タンクにつかまり漂流していたミャンマー人の男性2人(26、20)がタイ海軍の艦艇に救助された。

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

特集



新着PR情報