RSS

本田圭佑選手のサッカースクール、カンボジアとタイで中古サッカー用品寄贈

2017年7月14日(金) 00時44分(タイ時間)
【カンボジア、タイ】本田圭佑選手がプロデュースするサッカースクール「ソルティーロ・ファミリア・サッカースクール」は今年、社会貢献事業として初の試みとなる、途上国支援を本格的に開始した。

 三井不動産グループとの共同プロジェクトで、日本で不要になったサッカー用品約400キロを、7月20日にカンボジアのシェムリアップ、22日にバンコク近郊で、恵まれない環境の子ども達約100人に寄贈する。現地で衣料を届けた子ども達にサッカークリニックも実施する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】北海道コンサドーレ札幌は22日、バンコク郊外のSCGスタジアムで、タイリーグのムアントン・ユナイテッドFCと親善試合を行う。

【日本】FC東京は12日、タイリーグのバンコクユナイテッドFC所属でU―23タイ代表のミッドフィルダー、ジャキット選手が期限付き移籍加入すると発表した。契約期間は2017年7月11日から12月31日...

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が6―9日にタイ全土で実施したプロサッカーに関するアンケート調査(回答者2500人)で、タイの「トヨタ・タイ・リーグをみている」は28・2%(2015年調査...



新着PR情報