RSS

増えすぎたカニクイザル、捕獲し去勢 タイ中部フワヒン

2017年7月14日(金) 00時45分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
【タイ】タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局は14日から20日にかけ、タイ中部プラジュアブキリカン県フワヒン郡のカオタキアヤップ地区で、野生のカニクイザルを捕獲し、去勢手術を施す。カニクイザルが増え過ぎて、近隣の住民から苦情が出ているため。

 同地区に生息するカニクイザルは推定約3000匹。当局は数日前から、大量のエサを入れた檻にサルを誘き寄せている。14日からは、エサに睡眠薬を入れてサルを眠らせ、別の場所に搬送。去勢手術後、自然に帰す計画だ。
《newsclip》

注目ニュース

食べ過ぎで肥満? バンコクの観光地でカニクイザル保護newsclip

【タイ】タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局は4月27日、バンコク都バンクンティエン区で、下腹部が巨大化した野生のカニクイザル1頭を麻酔銃で撃ち、保護した。

全長1メートル超、増えすぎたオオトカゲ捕獲newsclip

【タイ】タイ当局は14日、西部ペチャブリ県の村で、全長1メートルを超えるミズオオトカゲ7匹を捕獲し、隣県のラチャブリにある飼育施設に移送した。ミズオオトカゲが増えすぎ、住民から苦情があったため。

ルムピニ公園のミズオオトカゲ、増えすぎで捕獲newsclip

【タイ】バンコク都庁は都内のルムピニ公園に生息するミズオオトカゲの一部、167匹を別の場所に移す計画だ。

特集



新着PR情報