RSS

ミャンマー国営電気通信事業体職員、KDDIが日本で研修

2017年7月16日(日) 20時44分(タイ時間)
【ミャンマー】KDDIは住友商事、ミャンマー国営電気通信事業体(MPT)と共同でミャンマーで展開している通信事業に関連し、今月から来年6月までの約1年間、MPTの職員4人の研修を日本で行う。

 技術系2人と事業管理系2人で、約3カ月間の日本語研修・基礎座学を行った後、技術系職員はネットワーク設計・開発部門や保守運用部門、情報システム部門などで、事業管理系職員は営業部門やマーケティング部門、新規サービス企画部門などで、KDDI社員による実務研修を受ける。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】KDDIと住友商事は19日、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同でミャンマーで展開している通信事業で、高速データ通信が可能なサービス「LTE+」を5月末にヤンゴン、マン...

KDDI、ベトナム・ドンバン3工業団地でIT環境整備newsclip

【ベトナム】KDDIは10日、ベトナム北部ハナム省に新設された日系企業専用の工業団地、ドンバン3工業団地にサテライトオフィスを設け、工場やオフィス用の通信回線、工場内ITインフラのパッケージ提供な...

【ミャンマー】KDDIと住友商事は20日、ミャンマーの政府機関であるミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT) と共同で展開するミャンマーでの携帯電話事業の累計加入者が5月に2000万に達したと発...

【カンボジア】KDDIは10月にプノンペンに支店を開設する。カンボジアで工場、オフィスのITインフラの構築から保守運用サービスまで日本品質で提供する。

特集



新着PR情報