RSS

郵船ロジ、ティラワ経済特区の物流センター稼働

2017年7月16日(日) 20時46分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、郵船ロジスティクス
 の画像
 
写真提供、郵船ロジスティクス
【ミャンマー】郵船ロジスティクスは12日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流センター「ティラワ・ロジスティクスセンター」の開所式を行った。

 敷地面積約3万平方メートル、倉庫面積6300平方メートルで、4温度帯の冷蔵・冷凍エリアを設けた。完成車蔵置用のヤード(約4000平方メートル)もあり、車両保管、PDI(完成車の納品前点検・補修・部品補給サービス)、通関手続きなど、完成車物流サービスも行う。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】神鋼環境ソリューション(神戸市)は23日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区の浄水設備を受注したと発表した。ティラワ経済特区ゾーンA(35ヘクタール)内にあるアパート、宿泊施設、商業施...

【ミャンマー】日本通運のミャンマー法人、日通ロジスティクスミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した多機能ロジスティクス倉庫が6月1日に営業を開始する。

【ミャンマー】鴻池運輸は4月27日、ミャンマー子会社のコウノイケ・ミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した倉庫が竣工し、4月1日に本格稼働を開始したと発表した。

両備、ミャンマー・ティラワ経済特区に冷凍冷蔵倉庫newsclip

【ミャンマー】両備ホールディングス(岡山市)はミャンマーに子会社を設立し、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区で冷凍冷蔵倉庫を建設運営する。投資額約30億円。

タイ資本の建設用鋼材工場、ミャンマー・ティラワ経済特区で稼働newsclip

【ミャンマー】タイの鉄鋼メーカー、ミルコン・スチールなどが出資するミャンマーの建設用鋼材メーカー、ミルコン・ティハ・GELの工場がヤンゴン郊外のティラワ経済特区で完成し、22日、開所式が行われた。

特集



新着PR情報