RSS

清水建設、シンガポールでオフィスビル開発

2017年7月20日(木) 06時28分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、清水建設
【シンガポール】清水建設はシンガポールのビジネス街ロビンソン・ロードでオフィスビルを開発する。建設地を所有するアフロ・アジア・シッピング社との共同事業で、総事業費約260億円を見込む。

 今年10月に建設地で既存ビルの解体に着手し、2018年4月着工、2020年3月竣工を目指す。オフィスビルは敷地面積1490・5平方メートル、地上19階、延床面積1万6908平方メートルで、1階が店舗、2―18階が賃貸オフィスになる。清水建設が設計施工を担当する。
《newsclip》

注目ニュース

三栄建築設計、ハノイでオフィスビル開発newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)はベトナムに設立した合弁会社を通じ、ハノイ市でオフィスビルを開発運営する。

バンコクで新オフィスビル開業、BTSバンナー駅直結newsclip

【タイ】バンコクの高架電車BTSバンナー駅前のコンベンションセンター「バンコク国際貿易展示センター(BITEC)」に建設されたオフィスビル「ピラットタワー・アト・BITEC(BHIRAJ TOWER at BITEC)...

バンコクのオフィス市場、郊外の新築物件が人気newsclip

【タイ】英不動産仲介大手ナイトフランクによると、バンコクのオフィス市場は、テナントが都心部の古い物件から交通の便がいい郊外の新しい物件に移転する傾向が続き、こうした物件の賃貸料金を押し上げている。

三井物産と東京建物、シンガポールでオフィスビル再開発newsclip

【シンガポール】三井物産は4日、東京建物、シンガポールの政府系不動産開発大手アセンダス・シンブリッジ・グループと合弁会社「サザンウッド・プロパティ」を設立し、シンガポールのビジネス中心地区でオフィ...



新着PR情報