RSS

日立化成、タイの自動車・産業用鉛蓄電池メーカー買収 約80億円で

2017年7月24日(月) 04時34分(タイ時間)
【タイ】日立化成(東京都千代田区)は20日、タイ証券取引所(SET)上場のバッテリーメーカー、タイ・ストレージ・バッテリーの株式43・9%を同社の創業家から取得すると発表した。取得額は約24億バーツ(約80億円)。

 日立化成は株式取得後、SETの規則に基づき、タイ・ストレージの残る株式の公開買い付けを行う。

 タイ・ストレージは自動車・産業用鉛蓄電池を製造。2016年は売上高53・6億バーツ、最終利益1・6億バーツだった。日立化成は株式取得により、タイ・ストレージのブランド力、製造拠点などを活用し、東南アジア事業の強化を図る。
《newsclip》

注目ニュース

スズキ 東芝 デンソー、インドに合弁会社設立…自動車用リチウムイオン電池を製造newsclip

スズキと東芝、デンソーの3社は4月14日、インドに自動車用リチウムイオン電池パック製造の合弁会社を設立することで基本合意したと発表した。

GSユアサ、中国に新工場建設…環境対応車向けバッテリーの生産能力増強newsclip

GSユアサは1月19日、中国・天津に自動車用鉛蓄電池の工場を新設すると発表した。新工場は天津市南港工業区に位置する、グループ最大となる18万平米の敷地に建設中で、2018年夏頃の稼働を予定している。

三井化学は12月21日、台湾プラスチックス社(FPC)との合弁会社 台塑三井精密化学有限公司(FMAC)でのリチウムイオン電池向け電解液の設備能力を増強すると発表した。

古河電池、営業益56.7%増…タイ自動車用バッテリー好調 中間決算newsclip

古河電池は11月1日、2016年4-9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

【ベトナム】古河電池は9月30日、ベトナムの蓄電池メーカー、ドライセル・アンド・ストレージバッテリーの株式10・5%を取得したと発表した。



新着PR情報