RSS

タイ国営石油PTT、マレーシアのLNG生産会社に出資

2017年7月31日(月) 16時25分(タイ時間)
【マレーシア、タイ】タイ国営石油会社PTTは27日、マレーシアの液化天然ガス(LNG)生産会社ペトロナスLNG9の株式10%をマレーシアの国営石油会社ペトロナスから約5億ドルで取得すると発表した。

 株式取得後、ペトロナスLNG9への出資比率はペトロナス80%、日本のJXTGグループ10%、PTT10%となる。

 ペトロナスLNG9はマレーシアのサラワク州ビンツルに液化基地があり、今年1月に生産を開始した。液化能力は年360万トン。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】関西電力は液化天然ガス(LNG)の調達、販売を手がける全額出資子会社を4月にシンガポールに設立する。

【シンガポール】静岡ガスは5日、3日付でシンガポール事務所を現地法人化し、全額出資子会社「シズオカ・ガス・トレーディング」として開業したと発表した。新会社は液化天然ガス(LNG)の調達業務を手がける。

【マレーシア】北陸電力は7日、2018年11月の富山新港火力発電所LNG1号機の運転開始に向け、マレーシアLNG社とLNG(液化天然ガス)売買契約を締結したと発表した。

【マレーシア】JXホールディングス(東京都千代田区)子会社のJXエネルギーは3日、マレーシア国営石油会社ペトロナスの子会社ペトロナスLNG9の発行済み株式の10%を取得し、ペトロナスLNG9が生産...

特集

PTT



新着PR情報