RSS

郵船ロジ、横浜発シンガポール向け海上冷蔵混載サービス開始

2017年8月2日(水) 11時48分(タイ時間)
【シンガポール、日本】郵船ロジスティクスは冷蔵管理が必要な食品を対象としたシンガポール向け海上リーファー(冷蔵)混載サービスを8月11日に開始する。隔週で、品目は日本酒、加工食品、青果など。

 温度管理が必要な食品をシンガポールに輸出する場合、航空輸送かコンテナでの海上輸送となり、小口での輸送は割高になっていた。新たに展開するリーファー混載サービスで、コストを抑え、安定した定期スケジュールでの輸送が可能になる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】郵船ロジスティクスは20日、格安航空大手エアアジアなどのバンコクの拠点となっているドンムアン空港に事務所を開設し、オペレーションを開始したと発表した。格安航空の路線拡充による貨物取扱量の増...

郵船ロジ、ティラワ経済特区の物流センター稼働newsclip

【ミャンマー】郵船ロジスティクスは12日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流センター「ティラワ・ロジスティクスセンター」の開所式を行った。

郵船ロジスティクス、タイの倉庫がハラル認証取得newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスは25日、タイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)の倉庫がタイのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるタイ・イスラム中央委員会(CICOT)からハラル認証を...

【マレーシア】郵船ロジスティクスは26日、同社のマレーシア法人TASCOがマレーシアでコールドチェーン事業を展開する大手物流会社ゴールド・コールド・トランスポートとMILSコールド・チェーン・ロジ...

【カンボジア】郵船ロジスティクス(東京都港区)と浪速運送(大阪市)は2017年春から、カンボジアから日本への衣料品物流ワンストップサービスを提供する。

特集



新着PR情報