RSS

京王電鉄、ミャンマーでホテル・サービスアパート建設運営

2017年8月2日(水) 23時35分(タイ時間)
【ミャンマー】京王電鉄(東京都多摩市)は1日、ミャンマーに合弁会社を設立し、ホテル・サービスパートの建設運営に乗り出すと発表した。

 新会社は「ケイオウ・アドベンチャー・ミャンマー」。資本金1億6286万ドルで、京王電鉄が65%、ミャンマーの旅行会社アドベンチャー・ミャンマー・ツアーズ&インセンティブズが35%出資する。

 客室数約400、レストラン、プールなどを備えた都市型ホテル、高級サービスアパートを建設し、2020年の開業を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

フジタなど、ヤンゴン中心部で複合不動産開発 20年にホテル「オークラ」開業newsclip

【ミャンマー】フジタ(東京都渋谷区)、東京建物(東京都中央区)、海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区)とミャンマーの大手企業グループであるアヤヒンターはヤンゴン中心部でオフィスビル、商業...

三井不動産、フィリピンでマンション開発newsclip

【フィリピン】三井不動産はフィリピンの不動産開発会社ロックウェルランドと共同で、マニラ首都圏の最大の行政区であるケソン市でマンションを開発する。

清水建設、シンガポールでオフィスビル開発newsclip

【シンガポール】清水建設はシンガポールのビジネス街ロビンソン・ロードでオフィスビルを開発する。建設地を所有するアフロ・アジア・シッピング社との共同事業で、総事業費約260億円を見込む。

三栄建築設計、ハノイでオフィスビル開発newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)はベトナムに設立した合弁会社を通じ、ハノイ市でオフィスビルを開発運営する。

野村不動産と三越伊勢丹HD、マニラ首都圏でタワマンと商業施設開発newsclip

【フィリピン】野村不動産(東京都新宿区)と三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区)はフィリピンの不動産大手フェデラル・ランドと合弁会社を設立し、マニラ首都圏のボニファシオ・グローバル・シティ(B...

大和ハウスなど ジャカルタ郊外で大規模マンション開発newsclip

【インドネシア】大和ハウス工業(大阪市)と海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区)はインドネシアの不動産デベロッパー、TRIVOと共同で、ジャカルタ南東部で大規模な複合都市開発に乗り出す。

【シンガポール】鹿島は26日、シンガポール政府系メディア企業シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)と折半出資で設立した合弁会社がシンガポール・ビダダリ地区の土地2・5ヘクタールの99年間...

特集



新着PR情報