RSS

カネカ、タイでビーズ法発泡ポリオレフィン生産

2017年8月6日(日) 19時42分(タイ時間)
【タイ】カネカ(大阪市北区)は家電製品、精密機器の緩衝包装材やバンパーコア材、シートコア材といった自動車部材に使用されるビーズ法発泡ポリオレフィンをタイで生産する。東南アジア、インドの需要増加に対応する。

 タイ東部ラヨン県のヘマラート・イースタンシーボード工業団地に年産能力3000トンの工場を建設し、2018年9月に稼働する。投資額は約20億円。

 ビーズ法発泡ポリオレフィンは自動車の軽量化、生産台数の増加にともない需要が伸び、東南アジア、インドでは2020年に2015年比30%増が見込まれる。カネカは自動車産業の集積地であるタイに工場を新設し、事業拡大を加速する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】カネカ(大阪市北区)は約120億円を投じ、マレーシアで生産設備を増強する。

特集



新着PR情報