RSS

日本語を使い働きたい外国人向け求人情報 リクルートが新サイト

2017年8月15日(火) 23時25分(タイ時間)
【アジア】リクルートホールディングス(東京都千代田区)の100%子会社でアジアを中心に人材紹介事業を展開するRGFホンコン(香港)は日本語を使って働きたい外国人求職者を対象とした求人情報サイト「Japanese-Jobs.com」を立ち上げた。

 日本語を学習中、もしくはすでに日本語を習得し、日本語を使って働くことに関心がある外国人を対象に、日本国内外の企業の求人情報を掲載する。6カ国語(日本語、英語、中国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語)に対応し、日本語能力のアセスメント機能、音声・文字でのチャット機能も搭載。求職者と企業のより良いマッチングを支援する。

 日本企業の海外展開が進むなか、在外日系企業では、日本語能力のある現地人材を求める動きが続いている。特に、進出後間もない企業や、顧客に日系企業が多い企業では、現地拠点の社内、日本の拠点や顧客とのコミュニケーションで日本語を使うことが多く、人材採用の要件として日本語能力を重視している。また、在日本の企業でも、日本語能力のある外国人に対する採用ニーズがある。
《newsclip》

特集



新着PR情報