RSS

タイ航空、4―6月赤字52億バーツに拡大

2017年8月17日(木) 00時52分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は4―6月期の最終赤字が前年同期の29億2100万バーツから52億1100万バーツに拡大した。15億4200万バーツの営業赤字を出したほか、24億3100万バーツの為替差損が生じた。

 売上高は前年同期比9・6%増の451億8200万バーツだった。

 旅客数は14・9%増の587万人。搭乗率は78・5%(前年同期69%)と四半期ベースで過去10年で最高だった。運航機材は97機。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】エージーピー(東京都大田区)は4日、タイ東部のウタパオ空港に開設される予定の、整備、オペレーション、空港設備などに関する訓練センターについて協力することで、タイ国際航空と合意し、覚書に調印...

ホンダジェット、初の世界一周飛行へ…26か国を周遊newsclip

ホンダの航空機事業子会社、ホンダ エアクラフト カンパニーは7月31日、『ホンダジェット』が世界一周飛行を実施すると発表した。

リオン、航空騒音の監視・測定でベトナム当局と協力newsclip

【ベトナム】リオン(東京都国分寺市)は28日、ベトナムでの航空機騒音の監視、測定技術の確立に向けた技術協力について、ベトナム民間航空局と覚書を締結したと発表した。

【タイ】タイ国際航空は11月16日から、バンコク(スワンナプーム空港)とウイーンを結ぶ直行便を週4往復運航する。

タイ航空、A350XWB5機目を受領newsclip

【タイ】タイ国際航空は14日、新規導入する予定の欧州航空機大手エアバス製の新世代中型ワイドボディ旅客機、A350XWB型機(ビジネスクラス32席、エコノミークラス289席)12機のうちの5機目をフ...

【タイ】タイ国際航空のボーイング787型機(ドリームライナー)の一部がエンジンの改修のため運航できなくなっている。別の機種で代替して対応し、9月までに正常運航に戻る見通しだという。

特集



新着PR情報