RSS

日本人男性が足にけが、サメか タイ南部プーケット

2017年8月18日(金) 16時07分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、16日朝、タイ南部プーケット島のカマラビーチで、日本人男性が水中で足にけがをした。かかと付近に刃物で切られたような3本の傷があり、当局は、サメ、もしくは大型の魚にかまれたとみて、原因の特定を急いでいる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、1日朝、タイ南部プーケット島のカロンビーチで、遊泳中のオーストラリア人女性(37)が足にけがをし、病院に搬送された。専門家はサメにかまれた可能性があるとみて詳しい...

猛毒カツオノエボシ ピーピー島、パンガーにもnewsclip

【タイ】タイ南部のアンダマン海側のプーケット島、ピーピー島などで、猛毒のカツオノエボシ多数が岸に漂着しているがみつかり、地元当局が当該地域の海に入らないよう警告している。

プーケットのビーチ3カ所で遊泳禁止 猛毒カツオノエボシ出現でnewsclip

【タイ】タイ南部プーケット島のシリナート国立公園当局は23日、公園内の海で猛毒のカツオノエボシがみつかったとして、同公園内のナイトンビーチ、ラヤンビーチ、ナイヤンビーチで海に入ることを禁止した。