RSS

大塚製薬、ベトナムに輸液新工場

2017年8月24日(木) 11時47分(タイ時間)
【ベトナム】大塚製薬工場(徳島県鳴門市)のベトナム子会社、大塚OPVは基礎輸液、高濃度アミノ酸輸液などを製造する新工場をベトナム南部のドンナイ省に建設する。

 新工場は2018年1月着工。2階建て、延床面積1万8288平方メートル、建築面積1万5074平方メートルで、従業員230人を予定している。

 大塚OPVは2003年設立で、点滴用注射剤の製造販売などを手がける。従業員約300人。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】大塚製薬は17日、タイで健康飲料・食品事業を行う新会社「大塚ニュートラシューティカル(タイランド)」(資本金3億バーツ) を設立し、営業を開始したと発表した。清涼飲料「ポカリスエット」の販売...

【タイ】田辺三菱製薬(大阪市)は17日、タイで自社製品の販売を開始したと発表した。タイの全額出資子会社MTファーマ(タイランド)(資本金1億300万バーツ)が販売する。

【タイ】10日夜、バンコク都バンクティエン区の製薬会社Tマン・ファーマの工場で火事があり、8人が煙を吸い込むなどして手当てを受けたほか、工場建屋の約2割が焼損した。

【ベトナム】大正製薬ホールディングスは5日、医薬品の製造販売などを手がけるベトナム企業ズクハウザン・ファーマシューティカル(DHG)の株式24・5%を取得し、資本業務提携契約を結んだと発表した。



新着PR情報