RSS

野村不動産、バンコクでマンション3プロジェクト 2000戸超開発

2017年8月24日(木) 15時14分(タイ時間)
ナイツブリッジ・プライム・ラチャヨーティン完成予想図の画像
ナイツブリッジ・プライム・ラチャヨーティン完成予想図
画像提供、野村不動産
ナイツブリッジ・プライム・オンヌット完成予想図の画像
ナイツブリッジ・プライム・オンヌット完成予想図
画像提供、野村不動産
ナイツブリッジ・コラージュ・ラムカムヘン完成予想図の画像
ナイツブリッジ・コラージュ・ラムカムヘン完成予想図
画像提供、野村不動産
8月24日にバンコクで開催された共同プレス発表会の画像
8月24日にバンコクで開催された共同プレス発表会
写真提供、野村不動産
8月24日にバンコクで開催された共同プレス発表会の画像
8月24日にバンコクで開催された共同プレス発表会
写真提供、野村不動産
【タイ】野村不動産(東京都新宿区)はタイの不動産デベロッパー、オリジン・プロパティーと合弁で、バンコクでマンション3プロジェクト、計2000戸超を開発する。

 プロジェクトの名称は「ナイツブリッジ・プライム・ラチャヨーティン」、「ナイツブリッジ・プライム・オンヌット」、「ナイツブリッジ・コラージュ・ラムカムヘン」。

 「ナイツブリッジ・プライム・ラチャヨーティン」はドンムアン空港に近くタイ資本の大手企業が本社を構えるラチャヨーチン地区に立地し、延伸工事中の高架電車BTSスクムビット線に建設されるパホンヨーティン24駅から徒歩1分。敷地面積約7500平方メートルで、2棟を建設する。A棟は地上35階、334戸、延床面積約1万9200平方メートルで、29階にスカイプール、コワーキングスペースなどを設ける。2020年6月竣工の予定。B棟の詳細は未定。

 「ナイツブリッジ・プライム・オンヌット」はBTSスクムビット線オンヌット駅から徒歩8分。敷地面積約3800平方メートル、延床面積約3万2400平方メートル、地上47階、601戸で、38階にプールを設ける。2020年9月竣工の予定

 「ナイツブリッジ・コラージュ・ラムカムヘン」はラムカムヘン大学、アサンプション大学、国立競技場などがあるラムカムヘン地区に立地し、2023年開業予定の都市鉄道オレンジラインのフアマーク駅から徒歩2分。敷地面積約6400平方メートル、延床面積約3万4700平方メートル、地上25階、685戸で、2020年9月竣工の予定

 オリジンは2009年設立、2015年にタイ証券取引所(SET)に上場した。バンコク首都圏の既存もしくは計画中の鉄道沿線でのマンション開発が中心で、日本人投資家向けの販売にも力を入れている。2016年は売上高31・5億バーツ、最終利益6・4億バーツ。今年7月31日に、バンコク都内のマンション・プロジェクト4件について、各プロジェクトを担当する子会社4社の株式49%を約8億バーツで野村不動産に譲渡すると発表していた。

 野村不動産は中国、ベトナム、フィリピンでマンション、商業施設の開発に乗り出しているが、タイでマンション開発に参画するのは初めて。
《newsclip》

注目ニュース

東急のタイ合弁、バンコク・エカマイでマンション開発newsclip

【タイ】東京急行電鉄とタイの大手不動産デベロッパー、センシリはタイに合弁会社を設立し、バンコクのソイ・エカマイ12通りでマンションを開発する。

中国の碧桂園、バンコクでマンション開発newsclip

【タイ】タイの工業団地開発運営会社タイ・ファクトリー・デベロップメント(TFD)は22日、中国の大手不動産デベロッパー、碧桂園(カントリー・ガーデン・グループ)と合弁で、バンコクでマンションを開発...

阪急不動産、バンコク首都圏でマンション開発newsclip

【タイ】阪急不動産(大阪市)はタイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコク首都圏で分譲マンション2件を開発する。2件とも2019年12月竣工の予定。

【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センターによると、1―3月にバンコク首都圏(バンコク、ノンタブリ県、サムットプラカン県)で新たに発売された住居は2万4103戸で、前年同期から3%減少した...

バンコク・トンロー地区に日系マンションnewsclip

【タイ】信和不動産(大阪府豊中市)はタイの不動産ディベロッパー、ウォララック・プロパティーとタイに合弁会社「W―シンワ」を設立し、日本人が多く居住するバンコクのトンロー地区に分譲マンション「ルネス・...

三井不動産、バンコクのマンション事業拡大 1万戸超にnewsclip

【タイ】三井不動産はタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション開発で、新たに3物件(約2100戸)の販売を10月に開始する。バンコクでのマンショ...

【タイ】三菱地所レジデンスは29日、分譲マンションの開発販売を手がける新会社をバンコクに設立したと発表した。年間3―5物件、総売り上げ200億バーツ(約640億円)規模を目指す。

特集



新着PR情報