RSS

三井住友海上、シンガポールの損保最大手買収

2017年8月24日(木) 23時38分(タイ時間)
【シンガポール】三井住友海上火災保険は24日、シンガポールの損害保険最大手ファースト・キャピタル・インシュアランスの株式97・7%をカナダの保険・金融大手フェアファックス・フィナンシャル・ホールディングスから約1755億円で取得すると発表した。

 ファースト・キャピタルは2016年12月期の正味保険料2億900万シンガポールドル、当期純利益8900万シンガポールドル。従業員約160人。保険ハブであるシンガポール市場に集まるアジアのローカル企業の引受に強みを持ち、日系企業やリテール・中小企業に強い三井住友海上と補完効果が見込めると判断した。
《newsclip》

注目ニュース

損保ジャパン日本興亜は、外国人の事故当事者に対する安心の提供を目的に、業界初の自動車保険事故の「14か国語対応」を5月より開始した。

【ミャンマー】損害保険ジャパン日本興亜はミャンマーのティラワ経済特区での損害保険の引受(元受)に関する営業認可をミャンマー当局から25日に取得した。日本の金融庁にミャンマー支店開設の届け出を行い、...

【ラオス】SOMPOホールディングス傘下の損害保険ジャパン日本興亜は15日、ラオスの民間保険会社ラオベト・インシュアランスと業務提携すると発表した。

矢崎とあいおいニッセイ、タイ法人向け事故低減支援サービスを開発newsclip

矢崎グループとあいおいニッセイ同和損害保険は、テレマティクス技術を活用した、タイ企業向け事故低減支援サービスを2社協業で開発したと発表した。

【アジア】MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研の3社は26日、アジアでの交通事故の防止、削減を目的として、運転技術やマナーの向...

特集



新着PR情報