RSS

バンコクの放水路トンネル、9月6日稼働

2017年8月29日(火) 12時43分(タイ時間)
放水路トンネル施設の画像
放水路トンネル施設
写真提供、バンコク都庁
放水路トンネル施設の画像
放水路トンネル施設
写真提供、バンコク都庁
放水路トンネル施設を視察するアサウィン・バンコク都知事(8月28日)の画像
放水路トンネル施設を視察するアサウィン・バンコク都知事(8月28日)
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁が洪水防止を目的に建設した放水路トンネルが9月6日に稼働する。

 放水路トンネルはバンコク都内のラープラーオ運河からバンスー運河の地下を通りチャオプラヤ川に至る全長6・4キロ、直径5メートル。総工費24・8億バーツ。

 ドゥシット区、バンスー区、パヤタイ区、ジャトゥジャク区、ディンデン区、フワイクワーン区の6区、約56平方キロの地区で、大雨の際の排水が現在の50%以上早くなり、洪水防止に役立つと期待されている。

 タイの建設会社ナワラット・パタナカンが工事を受注し、2013年9月に着工。当初は2016年9月完工を予定していたが、工事が遅れた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ首相、東北の洪水被災地視察newsclip

【タイ】プラユット首相は2日、タイ東北部サコンナコン県の洪水被災地を訪れ、水が引いた市街地の清掃に参加するなどした。その後、東北部ナコンパノム県の水門を視察し、担当者から状況を聞いた。

タイ東北で洪水続く サコンナコン空港は運航再開newsclip

【タイ】タイ内務省によると、1日午後の時点で洪水が発生しているのは東北部のサコンナコン県、ロイエット県、ナコンパノム県、ナコンラチャシマ県、ウボンラチャタニ県、中部アユタヤ県など10県の一部地域で...

バンコクで集中豪雨、広い範囲で洪水 スクムビットなど渋滞newsclip

【タイ】27日正午ごろから午後2時過ぎにかけ、バンコクの広い範囲で強い雨が降り、アソーク通り、スクムビット通りの一部などで道路が浸水した。水の深さは数十センチに達した。

特集



新着PR情報