RSS

ダイムラートラックアジア、インドネシアでメルセデスベンツトラックの生産開始

2017年8月30日(水) 11時57分(タイ時間)
式典の様子 左からダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・インドネシア社長 マーカス・フィリンガー、インドネシア 経済調整省次官 エディ・プトラ・イラワディ次官、ティム・グリーガー生産本部長の画像
式典の様子 左からダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・インドネシア社長 マーカス・フィリンガー、インドネシア 経済調整省次官 エディ・プトラ・イラワディ次官、ティム・グリーガー生産本部長
三菱ふそうトラック・バスとダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)が協業を行うダイムラー・トラック・アジア(DTA)は8月29日、メルセデスベンツの大型トラック「アクサー」をインドネシア西ジャワ州のワナヘラン工場にて生産開始すると発表した。

DTAは川崎工場とインドのオラガダム工場で、FUSO、バーラトベンツ、メルセデスベンツのブランドを製造し国内外に提供している。大型トラック アクサーは、最新鋭設備を備えたDICVのオラガダム工場で生産するKD(ノックダウン)キットを、ワナヘラン工場に仕入れて組み立てる。

今回の生産開始はDTAにとり、アジアで最も重要な市場であるインドネシアへの拡販戦略。FUSOブランドは46%以上のシェアを占め、1970年の参入以来、長年同市場をリードしている。品質と技術を備えたメルセデス・ベンツの大型トラックをインドネシアに導入することで、同市場での製品ラインナップを拡充していく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報