RSS

追突事故の車から希少動物センザンコウ88匹 タイ南部

2017年8月30日(水) 13時43分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
【タイ】28日朝、タイ南部スラタニ県で、追突事故を起こした乗用車の車内から、ワシントン条約で国際取引が禁止されている希少動物センザンコウ88匹がみつかり、当局が保護した。

 乗用車は国道401号線の交差点で赤信号で停車していた車に追突した。運転していた男は現場から逃走した。

 乗用車は助手席、後部座席が取り払われ、空いたスペースにセンザンコウを入れたカゴが入っていた。ナンバープレートは偽造だった。

 センザンコウはアリクイに似た形態で、体が鱗で覆われている。体長は数十センチ。インド、東南アジア、アフリカなどに生息する。中国、ベトナムなどで食用、漢方薬の材料として珍重され、密猟により絶滅の危機にある。
《newsclip》

注目ニュース

珍獣センザンコウの鱗約1トン押収 またバンコク空港でnewsclip

【タイ】タイ当局は14日、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で、ワシントン条約で国際取引が禁止されているセンザンコウの鱗約1トン、推定2500―3000匹分を押収した。

珍獣センザンコウの鱗2・9トン バンコク空港で押収newsclip

【タイ】タイ当局は2日、バンコク郊外のスワンナプーム空港で昨年12月、ワシントン条約で国際取引が禁止されているセンザンコウの鱗2・9トンを押収したと発表した。

特集



新着PR情報