RSS

豊田合成、ベトナムにエアバッグ部品新工場

2017年8月30日(水) 23時06分(タイ時間)
【ベトナム】豊田合成(愛知県清須市)はベトナム北部タイビン省ティエンハイ工業団地にエアバッグ部品の新工場を建設する。

 新工場はベトナムの生産子会社、豊田合成ハイフォンの分工場として設立し、2019年7月からエアバッグ部品とハンドルを生産、日本や北米、欧州などのエアバッグ最終組付拠点に輸出する。投資額は2460万ドル。

 新工場の建設で、ベトナムでの年産能力を2016年度のエアバッグ部品1450万個、ハンドル220万本から、2023年度でそれぞれ2300万個、320万本に増やす。
《newsclip》

注目ニュース

豊田合成は、インドにおける自動車生産拡大と安全規制強化によるエアバッグ等の需要拡大に対応するため、新工場を設立すると発表した。

【タイ】東洋紡は2017―2020年度に自動車用エアバッグ事業に総額100億円を投資し、拠点の整備、生産能力の増強を図る。