RSS

救急車に進路譲らず、タイ人男性に罰金

2017年9月1日(金) 15時22分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は8月31日、サイレンを鳴らし走行していた救急車に進路を譲らなかったとして、タイ人男性に罰金500バーツを科した。

 男性は8月17日、バンコク都内の幹線道路でピックアップトラックを運転していた際に、後ろから来た緊急走行中の救急車に車線を譲らず、走り続けた。

 救急車から撮影された動画がインターネットの動画投稿サイトに掲載され、大手メディアが取り上げたことから、警察が処分に動いた。

 男性は「サイレンが聞こえなかった」と主張している。男性を雇用していた運送会社は今回の件を受け、男性を解雇した。

 タイでもサイレンを鳴らし走行している救急車に進路を譲ることが法律で義務付けられているが、交通法規に関する知識不足などから、以前は救急車に進路を譲る車は少なく、渋滞の中で立ち往生する救急車が頻繁にみられた。近年はタイ人の意識が徐々に変化し、救急車に進路を譲るケースがみられるようになった。
《newsclip》

注目ニュース

【動画】スクムビット内の移動より速い病院シャトルバス、プロムポンとバンコク病院を直結(乗車体験)newsclip

【タイ】BTSプロムポン駅前のエムポリアムスイーツとバンコク病院を結ぶシャトルバスが出ていること、皆さんご存知でしたか? バン車体にバンコク病院のロゴカラーの赤と青のラインが描かれています。

【PR動画】エムポリアムからバムルンラード病院まで無料シャトルバス! 渋滞でも安心の通院newsclip

ウイークデーの午後、エムポリアムからバムルンラード病院に行ってみよう!



新着PR情報