RSS

日系自動車メーカーの海外生産、8年連続プラス…5.2%増の985万台 2017年上半期

2017年9月3日(日) 18時26分(タイ時間)
マツダのメキシコ工場(参考画像)の画像
マツダのメキシコ工場(参考画像)
日産の米国スマーナ工場(参考画像)の画像
日産の米国スマーナ工場(参考画像)
日本自動車工業会が発表した日系自動車メーカーの2017年上半期(1~6月)の海外生産台数は、前年同期比5.2%増の985万6207台で過去最高を更新。リーマンショック以降、8年連続のプラスとなった。

地域別で最も生産台数の多いアジアは同7.7%増の522万2769台。北米は同1.5%減の253万1293台だった。そのほかでは、中南米が同3.6%増の96万8413台、欧州は同14.3%増の100万3457台、アフリカは同0.7%減の9万2326台、大洋州は同9.3%減の3万7949台だった。

2017年第2四半期(4~6月)の海外生産台数は、前年同期比2.4%増の485万5608台。地域別ではアジアが同4.8%増の258万1501台。北米は同3.2%減の123万3290台だった。中南米は同0.4%増の47万8715台、欧州は同9.9%増の49万6233台、アフリカは同18.4%減の4万6045台、大洋州は同5.4%減の1万9824台だった。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報