RSS

タイ航空、燃油サーチャージ再設定

2017年9月5日(火) 14時11分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は日本発の日本―タイ間の航空券について、10月1日発券分から燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を再設定する。金額(1旅客1区間片道)はファーストクラスとビジネスクラスが16ドル、エコノミークラスが11ドル。

 タイ以遠の区間については9月12日発券分から燃油サーチャージを課す。金額はバンコク―ヤンゴン、ハノイ、ビエンチャンなどがファーストクラスとビジネスクラス4ドル、エコノミークラス3ドル、バンコク―パリ、ロンドン、フランクフルトなどがファーストクラスとビジネスクラス33ドル、エコノミークラス22ドル――など。

 タイ、フィリピン、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドで発券する航空券については9月19日から日本発と同額の燃油サーチャージを課す。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空は4―6月期の最終赤字が前年同期の29億2100万バーツから52億1100万バーツに拡大した。15億4200万バーツの営業赤字を出したほか、24億3100万バーツの為替差損が生じ...

【タイ】エージーピー(東京都大田区)は4日、タイ東部のウタパオ空港に開設される予定の、整備、オペレーション、空港設備などに関する訓練センターについて協力することで、タイ国際航空と合意し、覚書に調印...

【タイ】タイ国際航空は11月16日から、バンコク(スワンナプーム空港)とウイーンを結ぶ直行便を週4往復運航する。

タイ航空、A350XWB5機目を受領newsclip

【タイ】タイ国際航空は14日、新規導入する予定の欧州航空機大手エアバス製の新世代中型ワイドボディ旅客機、A350XWB型機(ビジネスクラス32席、エコノミークラス289席)12機のうちの5機目をフ...

【タイ】タイ国際航空のボーイング787型機(ドリームライナー)の一部がエンジンの改修のため運航できなくなっている。別の機種で代替して対応し、9月までに正常運航に戻る見通しだという。

英社の航空会社ランキング ANA3位、タイ航空11位newsclip

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2017年の航空会社ランキングで、カタール航空(2016年2位)が1位になった。

タイ航空が客室乗務員募集、競争率9倍超newsclip

【タイ】タイ国際航空は9日、客室乗務員214人の採用枠に2003人が応募したと発表した。

特集



新着PR情報