RSS

野良犬40頭毒殺 タイ南部チュムポン

2017年9月10日(日) 22時53分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ南部チュムポン県のキングモンクット工科大学ラークラバン校パティウキャンパスで、過去1カ月ほどで40頭以上の野良犬が毒殺される事件があり、警察が捜査に乗り出した。

 野良犬は教員、学生が世話をし、去勢手術を受けていた。何者かが毒入りのエサを与え、殺したとみられている。生き残った5頭は教員らが引き取った。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、19日夜、タイ南部ハジャイ市の民家で発砲事件があり、住人の男性(61)が顔を撃たれ重傷を負ったほか、男性の息子(30)が胸を撃ち死亡した。

【タイ】タイ東北部ムクダハン県の村で、村民12人が狂犬病に感染したイヌを調理して食べたことが判明し、全員がワクチンの接種を受けた。

【タイ】26日、タイ北部カムペンペット県の村で、村人の飼い犬約20頭が変死した。イヌはどこかで拾ってきたとみられる骨をくわえた数分後、苦悶しながら死んだという。

特集



新着PR情報