RSS

「麻薬リハビリセンター」で覚醒剤販売、元住職逮捕 タイ中部ナコンナーヨク

2017年9月10日(日) 22時53分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ麻薬取締委員会(ONCB)
 の画像
 
写真提供、タイ麻薬取締委員会(ONCB)
 の画像
 
写真提供、タイ麻薬取締委員会(ONCB)
 の画像
 
写真提供、タイ麻薬取締委員会(ONCB)
 の画像
 
写真提供、タイ麻薬取締委員会(ONCB)
【タイ】タイ当局は7日、中部ナコンナーヨク県の仏教寺院カオプームシーサワーン寺で、この寺の元住職の男(61)とその助手の男(43)を麻薬取締法違反などの容疑で逮捕した。

 当局によると、2人はカオプームシーサワーン寺に「麻薬中毒者リハビリセンター」とうたった施設を設け、覚醒剤入りの液体を「伝統薬」と称して販売していた。地元住民の通報を受け、液体の成分を調べたところ、覚醒剤が検出されたため、逮捕した。

 元住職はカオプームシーサワーン寺の住職だった時に麻薬密売で逮捕され、僧職を解かれ、服役した。出所後、寺に舞い戻った。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの暁の寺、大規模修復終了newsclip

【タイ】バンコクのチャオプラヤ川岸に立つ仏教寺院ワット・アルンラーチャウォラーラーム(通称、暁の寺)で2013年から行われてきた仏塔(高さ66・8メートル)の修復作業が終了し、作業用の足場が撤去さ...

殺害した遺体の上に仏像、僧侶ら逮捕 タイ南部の仏教寺院newsclip

【タイ】タイ南部ナコンシータマラート県の仏教寺院で見習い僧(沙弥)の少年(17)が今年1月から行方不明になっていた事件で、タイ警察は1日、この寺の僧侶の男(36)と交際相手の女(40)、見習い僧(...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ東北部サコンナコン県の仏教寺院ワット・シリモンコンで、冷蔵保存されていた前住職ソーポンタマウィワット僧の遺体がなくなっていることが判明し、警察が捜査に乗り出した。

マネロン容疑の教祖どこに タイ当局、巨大寺院の捜索終了かnewsclip

【タイ】資金洗浄(マネーロンダリング)取締法違反容疑で逮捕状が出ている新興仏教団体タンマカーイの教祖、プラタマチャヨー僧(72)の行方を捜査しているタイ法務省特捜局(DSI)はバンコク北郊のタンマ...

新大僧正の寺で小火、関係者は放火否定 バンコクのラーチャボピット寺newsclip

【タイ】9日朝、バンコク都内のワット・ラーチャボピット寺で小火があり、建物の木製の扉の一部が焼損した。寺の関係者は、漏電が原因として、放火を否定している。警察は当面の間、ラーチャボピット寺の警備を...

特集



新着PR情報