RSS

シチズンマシナリー、タイとベトナムで工場拡張

2017年9月10日(日) 22時53分(タイ時間)
【タイ、ベトナム】シチズンマシナリー(長野県北佐久郡)はタイとベトナムの工場を増床し、板金塗装と自動旋盤の土台部分などに使用する鋳物の生産能力を増強する。年内着工、18年夏稼働の予定。受注増に対応し、安定供給体制を構築する。

 タイでは現地子会社で自動旋盤を製造するシチズンマシナリーアジアの工場(中部アユタヤ)に板金塗装工場棟を建設し、塗装能力を現在の3倍に引き上げる。投資額は約3億円。

 ベトナムでは現地子会社で旋盤の土台部分など鋳物を製造するシチズンマシナリーベトナムの鋳物工場(北部ハイフォン)を増床し、生産能力を現在の月産350トンから450トンに引き上げる。投資額は約1・5億円。

 工作機械業界は内需に加え中国を中心とした外需も好調。シチズンマシナリーも受注状況が過去最高レベルとなっている。
《newsclip》


新着PR情報