RSS

生きた動物の密輸図る バンコク空港で日本人男逮捕

2017年9月11日(月) 12時27分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、7日午後、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で、生きたフェネックギツネ2匹、トビネズミ4匹をスーツケースに入れてタイ国外に持ち出そうとした日本人の男(53)が保護動物を密輸しようとした疑いで逮捕された。

 男はスワンナプームから羽田行きのタイ航空機に搭乗する予定だった。動物が密輸されるという情報をつかんでいた警察が空港に現れた男の荷物を調べ、フェネックギツネなどをみつけた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、11日、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で、生きたカワウソの子ども10匹をスーツケースに入れてタイ国外に持ち出そうとした日本人の男(42)が保護動物を密輸しよ...

【タイ】タイ警察は9日夜、バンコク都内ソイ・エカマイ23通りのアパート「グランド・ハイテク・タワー」を捜索し、監禁されていた会社経営者の日本人男性(55)を救出し、この男性をら致、監禁して暴行を加...

【タイ】タイのテレビ報道によると、27日夜、バンコクのドンムアン空港で、生きたフクロウ5羽、タカ3羽、カワウソの子ども12匹をスーツケースに入れてタイから出国しようとした日本人の男(57)が野生動...

【タイ】タイのテレビ報道によると、22日夜、バンコク郊外のスワンナプーム空港で、ワシントン条約で商業目的の国際取引が禁止または規制されている生きたカメ32匹、ミズオオトカゲ8匹、ワニ15匹をかばん...



新着PR情報