RSS

ウドンタニ工業団地、開発会社とタイ国鉄が不協和音 先行き不透明に

2017年9月13日(水) 00時26分(タイ時間)
【タイ】タイ東北部ウドンタニ県で開発中のウドンタニ工業団地の先行きが不透明となってきた。

 同工業団地は民間企業のムアン・ウサハカム・ウドンタニ社がタイ工業団地公社(IEAT)の認可を受け開発に乗り出した。目玉は団地内にタイ国鉄(SRT)の線路を引き込んだ物流センターだが、SRTが同工業団地への線路の延伸に消極的な姿勢をみせたため、ムアン・ウサハカム・ウドンタニは6日、開発の中止を発表した。

 SRTは工業団地から約2キロ離れたSRTノンタカイ駅にコンテナヤードを建設する計画で、ウドンタニ工業団地に物流センターを設けると機能が重複すると主張。事業化調査を行いゴーサインが出れば物流センター建設に応じるが、調査の経費は民間企業側が負担すべきだとしている。

 ウドンタニ工業団地はウドンタニ市中心部から約12キロ、ウドンタニ空港から約20キロに立地。開発面積は約350ヘクタールで、エレクトロニクス・家電部品、自動車部品、ゴム製品などの工場誘致と約1万7000人の雇用創出を目指していた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ中部・東部の工業団地、担当者に聞く最新事情newsclip

情報提供:アマタ・コーポレーション 筒井 康夫 氏 ロジャナ工業団地 尾羽根 拓(おばね ひらく) 氏

特集



新着PR情報