RSS

タイ首相、最低賃金大幅アップ無理

2017年9月13日(水) 00時27分(タイ時間)
【タイ】タイの労働団体が法定最低賃金を現行のほぼ倍の1日600―700バーツに引き上げるよう求めたことに対し、プラユット首相は12日、急激な賃上げは投資家を遠ざけるとして、現状では困難という見方を示した。

 首相は経済が発展すれば賃金は上がると主張。労働者側も技能を向上させる必要があると指摘した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】労使と政府の代表からなるタイ中央賃金委員会は19日の会議で、タイの全77都県中69都県の最低賃金を現行の1日300バーツから5―10バーツ引き上げることを決めた。閣議承認を経て、来年1月1日...



新着PR情報