RSS

タイ・ストレージ・バッテリー 日立化成の出資比率87%に

2017年9月13日(水) 00時27分(タイ時間)
【タイ】日立化成(東京都千代田区)は12日、タイ証券取引所(SET)上場のバッテリーメーカー、タイ・ストレージ・バッテリーの株式公開買い付けを実施し、同社株43%を23・6億バーツ(約77億円)で取得したと発表した。

 日立化成は7月にタイ・ストレージの創業家から同社株43・9%を約24億バーツで取得し、SETの規則に基づき、タイ・ストレージの残る株式の公開買い付けを行った。タイ・ストレージへの出資比率は公開買い付け後、86・9%になった。

 タイ・ストレージは自動車・産業用鉛蓄電池を製造。2016年は売上高53・6億バーツ、最終利益1・6億バーツだった。日立化成はタイ・ストレージのブランド力、製造拠点などを活用し、東南アジア事業の強化を図る。
《newsclip》

注目ニュース

ダイムラーと北京汽車、中国に投資…EVとバッテリーを現地生産へnewsclip

ドイツの自動車大手のダイムラーと中国の自動車大手の北京汽車(BAIC)は7月6日、中国でのEVとバッテリーの現地生産に向けて、50億元(約835億円)を共同出資すると発表した。

ホンダ、中国向けEVの基幹部品は現地調達…バッテリーなどnewsclip

ホンダは2018年に中国市場に初投入する電気自動車(EV)のバッテリーとモーターの基幹部品について、中国で現地調達する方針を決めた。コスト面で優位となるほか、バッテリーについては政府が指定する中国製品の...

【タイ】泉州電業(大阪府吹田市)は24日、バッテリーフォークリフトのバッテリー充電器を製造販売するタイ子会社センシュウ・エレクトリック(タイランド)(アユタヤ県ロジャナ工業団地)を解散、清算すると...

GSユアサ、中国に新工場建設…環境対応車向けバッテリーの生産能力増強newsclip

GSユアサは1月19日、中国・天津に自動車用鉛蓄電池の工場を新設すると発表した。新工場は天津市南港工業区に位置する、グループ最大となる18万平米の敷地に建設中で、2018年夏頃の稼働を予定している。

特集



新着PR情報