RSS

【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ、欧州向けの全新型車に電動化技術を搭載へ

2017年9月13日(水) 11時39分(タイ時間)
ホンダ・アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)の画像
ホンダ・アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)
ホンダ・アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)の画像
ホンダ・アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)
ホンダ・アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)の画像
ホンダ・アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)
ホンダは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、今後欧州で発売される全ての新型モデルに、ハイブリッドを含めた電動化技術を搭載すると発表した。

今回の発表は、ホンダの欧州市場における電動化戦略を一歩進めるもの。すでにホンダは、グローバルでの電動化目標から5年先駆けた2025年をメドに、欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を、ハイブリッド、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池といった電動化車両に置き換える目標を設定していた。

ホンダはフランクフルトモーターショー2017において、『アーバンEVコンセプト』をワールドプレミア。このモデルをベースにした量産EVを2019年、欧州で発売する予定。この新型EVを含めて、全ての欧州向け新型車に電動化テクノロジーを導入する。

ホンダのプレスカンファレンスには、八郷隆弘 社長が登壇。「アーバンEVコンセプトは、遠い未来のビジョンではない。アーバンEVコンセプトの量産モデルは2019年、欧州市場に投入することになるだろう」と述べている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報