RSS

【タイの祭事】 10月5日は「Rap Bua Festival」 仏像を乗せた船に花を投げ

2017年9月14日(木) 23時17分(タイ時間)
Rap Bua Festivalの画像
Rap Bua Festival
Rap Bua Festivalの画像
Rap Bua Festival
 暦上の雨期明け(オークパンサー、今年は10月5日)の前日、バンコク郊外のサムットプラカン県バンプリー郡のワット・バンプリー・ヤイ・ナイ寺院前の運河で催される、仏像を乗せた船に向かって花を投げ入れる珍しい祭り。

 バンコクに隣接しているので訪れやすく、平日でも多くの在家者が訪れる。朝早くから混み合い、雨期明けといっても雨がまだ続く時期であるため、降られると移動することもままならず濡れることが多い。運河にかかる歩道用の橋も人がぎゅうぎゅう詰めとなり、崩れ落ちたこともあったという。

 あらかじめ何本ものハスの花を用意して岸で待ち、仏像が乗せられた船が通ると一斉に投げ入れる。運河を一往復するので、人混みにはばまれてハスを投げられなくても、船が戻ってくるときにもう一度チャンスがあるが、祭り自体は数十分で終わってしまう。

 最近は仏像を乗せたメインの船のみならず、旅客機の大きな模型を乗せた航空会社の船なども現れる。すぐに終わってしまうものの、地元の企業や団体が共に参加する町をあげてのにぎやかな祭りとなっている。

日時など変更されることが多々あり。
詳細・問い合わせ
タイ政府観光庁 (Tourism Authority of Thailand)
コールセンター:1672 毎日午前8時~午後10時
《newsclip》


新着PR情報