RSS

生産国で物流加工しリードタイム短縮、佐川グローバルロジスティクス

2017年9月19日(火) 23時30分(タイ時間)
【ベトナム】SGホールディングスグループの佐川グローバルロジスティクス(東京都品川区)は19日、タカキュー(東京都板橋区)がベトナムで生産するドレスシャツを現地で物流加工することで、リードタイムを短縮し、全体の物流コストを11%削減したと発表した。

 タカキューは8月下旬と2月下旬の年2回の季節物量が通常の3―5倍に増加し、店舗への商品供給の遅延、仕分けスペースと人員の確保に課題を抱えていた。

 佐川グローバルロジスティクスはこれまで、タカキューの商品が日本に入荷した後、物流加工を行っていたが、8月18日から、SGホールディングスグループのベトナム現地法人であるSG佐川ベトナムの倉庫で、入荷、検品、店舗別仕分け、国内配送伝票の貼付といった物流加工を行い、日本国内のタカキューの店舗に輸送するサービスを開始。出荷の優先順位の高い物からコンテナに積載することが可能となり、日本国内に到着後、すぐに店舗へ発送することで、商品供給のリードタイムを2、3日短縮した。労働人口が多いベトナムで作業することで、作業人員の確保も容易になった。

 佐川グローバルロジスティクスはこの事例をもとに、顧客に適した物流、全体の効率化の提案に取り組む。
《newsclip》

特集



新着PR情報