RSS

タイ前国王の弔問、10月5日まで延長

2017年9月27日(水) 22時44分(タイ時間)
バンコクの王宮前広場で建設が進む故プミポン前国王の火葬施設の画像
バンコクの王宮前広場で建設が進む故プミポン前国王の火葬施設
写真提供、タイ文化省
バンコクの王宮前広場で建設が進む故プミポン前国王の火葬施設の画像
バンコクの王宮前広場で建設が進む故プミポン前国王の火葬施設
写真提供、タイ文化省
【タイ】バンコクの王宮での故プミポン前国王の弔問が10月5日まで延長された。前国王の葬儀が10月25―29日に行われるため、9月末で終了する予定だったが、弔問を希望する国民が多いことから、ワチラロンコン国王が延長を承認した。

 前国王の弔問で王宮を訪れた人は昨年10月28日から今年9月15日までで1065万4552人に上った。現在も1日数万人が訪れている。

 プミポン前国王は昨年10月13日、入院先のバンコクのシリラート病院で死去した。在位70年、88歳だった。
《newsclip》

注目ニュース

タイ、故プミポン前国王の葬儀近づく 服喪期間延長、娯楽トーンダウンnewsclip

【タイ】タイ軍事政権は26日の閣議で、故プミポン前国王の死去にともなう公務員、国営企業職員の服喪期間を、前国王の火葬翌日の10月27日まで延長することを決めた。

特集



新着PR情報