RSS

日立産機システム、ミャンマーで配電用変圧器5400台受注

2017年9月29日(金) 01時06分(タイ時間)
日立SEM社が製造している配電用変圧器の画像
日立SEM社が製造している配電用変圧器
写真提供、日立産機システム
【ミャンマー】日立産機システムは28日、ミャンマーの合弁会社、日立SEMがミャンマーの電力エネルギー省から配電用変圧器約5400台を受注したと発表した。受注金額は約1500万ドル。

ミャンマー政府は2016年時点で37%だった電化率を2030年までに100%にする目標を掲げている。その一環として、2015年に、世界銀行の融資を受けて、ミャンマー全土に配電網を整備し、全家庭に電力を供給する計画を策定。今回、同計画の機材入札が初めて行われ、日立SEMが配電用変圧器を受注した。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日立産機システムは7日、電力・配電用変圧器などの設計、製造、販売を手がける合弁会社をミャンマーに設立すると発表した。

特集



新着PR情報