RSS

駐在員の評価 1位シンガポール、22位タイ 日本は? HSBC調査

2017年9月29日(金) 01時09分(タイ時間)
【アジア】英金融大手HSBCが外国人駐在員に駐在先に対する評価を聞いた2017年版の調査で、前年に続き、シンガポールが調査対象の46カ国・地域中1位になった。

 シンガポールは「経済」と「経験」がそれぞれ4位、「家族」が3位だった。

 ランキング2―10位は順に、ノルウェー、ニュージーランド、ドイツ、オランダ、カナダ、オーストラリア、スウェーデン、オーストリア、アラブ首長国連邦。

 アジア諸国・地域は14位インド、18位台湾、20位香港、22位タイ、24位フィリピン、25位マレーシア、26位インドネシア、29位日本、30位ベトナム、36位韓国、41位中国。

 主要国は23位フランス、27位米国、32位ロシア、35位英国、43位ブラジル。最下位はエジプトだった。

 159カ国・地域に駐在する2万7587人を対象に、今年3、4月、インターネット調査でアンケートを行った。
《newsclip》

注目ニュース

高等教育在学率1位は韓国、日本は7か国中6位で変化なしnewsclip

 文部科学省は9月27日、7か国の教育状況を統計データで示した「諸外国の教育統計」平成29年(2017年)版を公表した。高等教育在学者の人口千人あたりの人数は、韓国がもっとも高く、日本は中国についで2番目に低...

【東南アジア】英教育情報誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがまとめた2018年の世界の大学ランキングで、上位1000校に入ったタイの大学はマヒドン大学(501―600位)など9校だった。

【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2017年版の「世界生計費調査・都市ランキング」で、外国人駐在員にとって最も物価の高い都市はルアンダ(アンゴラ)だった。

都市のグローバル度ランキング…NY首位奪還、東京は将来に陰りnewsclip

 経営コンサルティング会社のA.T.カーニーは、2017年で7回目となる「グローバル都市」調査を実施し、5月31日に世界の都市のグローバル度ランキングを発表。ニューヨークがロンドンから首位を奪還した。

【アジア】英人材調査会社ECAインターナショナルが世界の460以上の都市で外国人駐在員の生活費を調べた2017年のランキングで、バンコクは116位だった。



新着PR情報