RSS

定年退職した公務員の後任に民間人 タイ政府、歳出削減と費用対効果向上で

2017年10月4日(水) 23時17分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は3日の閣議で、公務員の定年退職で空席となったポストの一部について、民間人を雇用して対応することを決めた。

 対象となるのは総務、経理、運送、修理、測量などの定型的・補助的な業務と、人材、政策、金融、ITなどの研究職。

 費用対効果の向上と長期的な歳出削減が狙いで、2018年10月から導入する。

 タイ政府によると、2017―2021年度に定年退職する公務員は約5万人で、公務員全体の約2・5%。
《newsclip》


新着PR情報