RSS

第二次大戦の魚雷か プーケットのビーチで

2017年10月5日(木) 14時43分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、4日、タイ南部プーケット島のナイヤンビーチで、第二次世界大戦当時の魚雷とみられる物体がみつかった。

 魚雷とみられる物体は全長5メートルほどで、砂に埋もれていた。タイ当局は現場周辺を立ち入り禁止にし、タイ陸軍の爆発物処理班が出動し、調査している。
《newsclip》

注目ニュース

コマツ、ラオスで不発弾除去支援newsclip

【ラオス】コマツは非政府組織(NGO)「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」との対人地雷除去に関する提携の範囲を拡大し、2008年から取り組んでいるカンボジアとアンゴラでのプロジェクトに続き、8...

【タイ】8日、タイ北部ターク県の村2カ所で爆発が起き、5人が死亡、2人がけがをした。隣接するスコータイ県の陸軍演習場から村人が回収した不発弾が爆発したとみられている。

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日午前9時ごろ、カンボジア国境に近いタイ東部トラート県の天然ゴム農園で爆発が起き、農園作業員のミャンマー人男性2人(25、20)が死亡した。

不発弾切断し爆発 9人死亡、20人けが バンコクnewsclip

【タイ】2日午前12時半ごろ、バンコク都バンケン区のラードプラーカオ・ソイ72通りのくず鉄工場で爆発が起き、9人が死亡、20人が負傷し、家屋15棟が損壊した。第2次世界大戦の不発弾が爆発したとみら...

第2次大戦の不発弾か バンコク都内の鉄道建設現場 newsclip

【タイ】3月29日夜、バンコク都内バンスー区の鉄道建設現場で、第2次世界大戦の不発弾とみられる物体がみつかり、警察の爆発物処理班が回収した。

特集



新着PR情報