RSS

プーケット、交渉もつれライフガード不在に 中国人でき死

2017年10月9日(月) 23時25分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、南部のリゾート、プーケット島で、おぼれた人の救助や遊泳禁止水域の指定などを行うライフガードが不在となっている。こうした中、7日、同島のカロンビーチで、遊泳中の中国人男性ができ死した。

 県当局とライフガード組織プーケット・ライフガード・サービスの契約交渉がもつれ、9月末で契約が失効した。プーケット・ライフガード・サービスによると、契約料を年々減額され、今年度は契約更新を行わなかった。

 プーケットでは連日のようにおぼれて救助される人が出ている。2016年にプーケット・ライフガード・サービスが救助した人の数は外国人712人、タイ人49人に上った。
《newsclip》

特集



新着PR情報