RSS

富士通、フィリピン・セブ島にオフショア拠点

2017年10月11日(水) 23時01分(タイ時間)
【フィリピン】富士通は11日、フィリピンのセブ島に新たなオフショア拠点を開設した。フィリピンではマニラに続く2カ所目で、当初は業務アプリケーションの開発支援を手がける。今後2年で400人体制にする計画だ。

 教育水準が高く、日本語を含め多言語に対応できる技術者が多くいることから開設を決めた。

 マニラのオフショア拠点では、アジア太平洋地域を中心に、北米、欧州、中東、インド、アフリカ、オセアニアの顧客に対し、遠隔インフラ管理、サービスデスク、アプリケーション開発支援、ビジネスプロセスアウトソーシングなどのサービスを提供している。
《newsclip》

注目ニュース

富士通、ミャンマーで水位把握システムnewsclip

【ミャンマー】富士通はミャンマーのタウングー地方で、灌漑(かんがい)用水と河川の水位情報を管理する2種類の実証実験を2016年11月から2017年1月末にかけて行い、実証結果をミャンマー農業畜産灌...

【ミャンマー】富士通はミャンマー政府の全22省を対象とするICTに関する職員研修を16日から2回に分けて、計10日間、現地で実施する。

富士通の熱帯雨林再生活動、マレーシア・サバ州で保存林認定newsclip

【マレーシア】富士通は20日、「富士通グループ・マレーシア・エコ・フォレストパーク」として熱帯雨林の再生活動を行ってきたマレーシア・サバ州キナルート地区の土地約150ヘクタールと隣接地、計320ヘ...

インクリメントPと富士通交通・道路データサービス、タイで道路の舗装劣化状況把握技術実証実験newsclip

【タイ】デジタル地図、カーナビソフトのインクリメントP(東京都文京区)と商用車データ分析、道路データ分析を手がける富士通交通・道路データサービス(東京都港区)は28日、タイで道路の舗装劣化状況把握...

特集



新着PR情報