RSS

郵船ロジスティクス、インドネシアでハラル認証取得

2017年10月16日(月) 23時26分(タイ時間)
【インドネシア】郵船ロジスティクスは16日、インドネシア法人ユウセン・ロジスティクス・インドネシアが8月にインドネシアのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるインドネシア・ウラマー評議会食料・薬品・化粧品研究所からハラル認証を取得したと発表した。

 日系物流企業がインドネシアでハラル認証を取得するのは初めて。今回認証取得した範囲はジャカルタ港および空港発着の海上・航空輸出入で同社が提供する一連のオペレーションが対象。例えば、貨物の引き取りおよび配送はハラル認証基準を満たすトラックのみを使用するなど、取扱方法のトレーニングを受けたスタッフが手順に沿ってオペレーションを行い、ハラル認証に沿った物流サービスを提供する。

 インドネシアは約2・5億人の人口の9割以上がイスラム教徒。2019年にはインドネシアに輸入、流通する食品、化粧品、医薬品などにハラル認証を義務付ける法律の施行が予定されている。

 郵船ロジスティクスは2015年4月にマレーシアで運送業務と倉庫業務に求められるハラル認証を日系物流企業で初めて同時取得した。今年4月にはタイ・レムチャバン倉庫で同認証を国内物流企業で初めて取得するなど、アジア域内でハラル物流サービスを展開している。
《newsclip》

注目ニュース

郵船ロジスティクス、タイの倉庫がハラル認証取得newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスは25日、タイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)の倉庫がタイのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるタイ・イスラム中央委員会(CICOT)からハラル認証を...

【マレーシア】林兼産業(山口県下関市)は9日、豚肉やアルコールを含まないなどイスラム法に則って処理されたハラル食品を製造するマレーシアの合弁会社OMAKANEの業績不振を受け、3月期決算に1億36...

【マレーシア】オタフクソース(広島市)は25日、日本人実業家の小西史彦氏が率いるマレーシアの複合企業テクスケム・リソーシズ傘下の外食事業中間持ち株会社テクスケム・レストラン・システムズとマレーシア...



新着PR情報