RSS

バンコクの路線バスに乗車カード、タイ首相が試乗

2017年10月17日(火) 21時01分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
【タイ】プラユット首相は17日、バンコクのタイ首相府で、乗車カード読取機と衛星利用測位システム(GPS)を装備したバンコク大量輸送公社(BMTA)の路線バスに試乗した。

 BMTAが運行するバンコク首都圏の路線バスでは現在、車掌が運賃を徴収している。BMTAは運行するバス全て、約2600台に読取機とGPSを設置し、ワンマン化を推進する計画で、第1弾として、11月1日から、800台に導入する。当初は、バス、鉄道の運賃などを補助する低所得者向け福祉カードで乗車できるようになる。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの都バス公社、ワンマン化推進で車掌2000人削減newsclip

【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)はバスのワンマン化を推進するとともに、車掌を対象とする早期退職制度を導入し、2019年までに2000人を削減する計画だ。早...

バンコク首都圏の路線バス、2年以内にサービス刷新newsclip

【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)とタイ運輸省陸運局は2年以内をめどに、バンコク首都圏の路線バスサービスを全面的に刷新する計画だ。



新着PR情報