RSS

日本政府、カンボジアに魚缶無償供与 3・5億円分

2017年10月29日(日) 17時02分(タイ時間)
【カンボジア】日本政府は国連世界食糧計画(WFP)を通じ、東日本大震災の被災地で生産された3億5000万円相当の魚缶詰をカンボジアに無償供与する。27日、プノンペンで契約に調印した。

 カンボジアは農村部のインフラ整備の遅れや、かつての内戦時に埋設された地雷の影響などで、農業生産基盤が不十分で、慢性的に食料が不足している。今年は雨期開始前に気温の低下や激しい降雨が発生し、農産物価格の高騰が懸念されている。
《newsclip》

特集



新着PR情報