RSS

雨期明け宣言も… タイ中部で河川はん濫、南部で大雨警戒

2017年10月30日(月) 23時24分(タイ時間)
アントン県の洪水被災地の画像
アントン県の洪水被災地
写真提供、タイ首相府
アントン県の洪水被災地の画像
アントン県の洪水被災地
写真提供、タイ首相府
アントン県の洪水被災地の画像
アントン県の洪水被災地
写真提供、タイ首相府
アントン県の洪水被災地の画像
アントン県の洪水被災地
写真提供、タイ首相府
アントン県の洪水被災地の画像
アントン県の洪水被災地
写真提供、タイ首相府
アントン県の洪水被災者を見舞うプラユット首相の画像
アントン県の洪水被災者を見舞うプラユット首相
写真提供、タイ首相府
アントン県の洪水被災者を見舞うプラユット首相の画像
アントン県の洪水被災者を見舞うプラユット首相
写真提供、タイ首相府
【タイ】プラユット首相は30日、中部アントン県の洪水被災地を視察した。首相は被災地の住民に支援を約束。プミポン前国王の葬儀の終了を受け、洪水対策に全力で取り組むと表明した。

 タイ気象局は24日に雨期明けを宣言したが、一部地域ではその後も雨が降り続き、河川がはん濫。30日午後6時時点で、チャオプラヤ川流域の中部アユタヤ県で約3・7万世帯、ナコンサワン県で約1・6万世帯、ヨム川とナーン川流域の北部ピジット県で約1・2万世帯が被災している。

 タイ気象局は30日、南部のチュムポン県、スラタニ県、ソンクラー県、プーケット県、パンガー県、クラビ県などで31日から11月3日にかけ強い雨が降る恐れがあるとして、警戒を呼びかけた。
《newsclip》

特集



新着PR情報