RSS

サントリー食品インターナショナル、タイ清涼飲料会社の51%取得 ペプシコから約330億円で

2017年11月2日(木) 13時42分(タイ時間)
【タイ】サントリー食品インターナショナルは2日、ペプシコのタイ子会社ペプシコーラ(タイ)トレーディングがほぼ100%出資するタイの清涼飲料事業会社インターナショナル・リフレッシュメント(タイランド)の株式51%を約330億円で取得すると発表した。

 株式取得後、インターナショナル・リフレッシュメント(タイランド)の社名を「サントリー・ペプシコ・ビバレッジ(タイランド)」に変更し、ペプシコと共同でタイの飲料事業拡大を図る。

 サントリーは2007年にタイの飲料メーカー、ティプコF&Bの株式50%を取得。今年2月、同社株の持ち株すべてを合弁相手のタイ食品飲料メーカー、ティプコに売却した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの食品飲料メーカー、ティプコは21日、同社とサントリーが折半出資するタイの清涼飲料メーカー、ティプコF&Bのサントリーの持ち株すべてを買い取ると発表した。事業計画の変更のためとしている...

【インドネシア】アサヒグループホールディングスは2日、インドネシアで清涼飲料水を製造販売する合弁会社2社を合弁相手のインドネシア企業インドフード・CBP・スクセス・マクモルに売却する方向で交渉を開...

【タイ】大塚製薬は17日、タイで健康飲料・食品事業を行う新会社「大塚ニュートラシューティカル(タイランド)」(資本金3億バーツ) を設立し、営業を開始したと発表した。清涼飲料「ポカリスエット」の販売...

【ミャンマー】味の素は17日、ミャンマー子会社でうま味調味料「味の素」を製造販売するミャンマー味の素食品が粉末飲料「バーディー」3in1の製造工場をヤンゴン郊外のティラワ経済特区に建設すると発表し...



新着PR情報