RSS

バンコクのオフィス市場、入居率90%超 売り手市場続く

2017年11月5日(日) 22時26分(タイ時間)
BHIRAJ TOWER at BITECの画像
BHIRAJ TOWER at BITEC
写真提供、BHIRAJ BURI GROUP
【タイ】英不動産コンサルティング大手ナイトフランクによると、バンコクのオフィス市場は供給不足で売り手市場が続いている。

 第2四半期時点の入居率は90・8%。オフィス賃料提示価格(1平方メートル月額)はグレードA物件が平均952バーツ(前年同期比0・6%上昇)、グレードB物件が平均705バーツ(同2・8%上昇)、グレードC物件が平均450バーツ(同0・9%上昇)だった。

 今年新規供給されるオフィスは高架電車BTSバンナー駅前の「ピラットタワー・アト・BITEC」(3万1880平方メートル)とラチャダムリ通りの「ゲイソン・オフィス・タワー」(3万2312平方メートル)。2018年の新規供給はアソーク・ペチャブリ交差点の「シンハコンプレックス」(5万600平方メートル)など計16万5710平方メートル。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】英不動産コンサルティング大手ナイトフランクによると、2017年第2四半期時点で地上30階以上の高層オフィスビルの高層階の賃料が最も高かったのは香港で1平方メートル当たり年間3273ドルだ...

バンコク都心の旧豪大使館跡地 マンション、オフィスビルにnewsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、スパライは19日、バンコク都心のサトン通りにある旧在タイ・オーストラリア大使館跡地(面積1万2728平方メートル)を約46億バーツで取得したと発表した。

【マレーシア】ケネディクス(東京都中央区)は6日、シンガポール子会社のケネディクス・アジアがクアラルンプール中心部のオフィスビル「ビスタタワー」(地上62階)を4億3000万リンギ(約110億円)...

森ビル、ジャカルタ中心部で高層オフィスビル開発newsclip

【インドネシア】森ビル(東京都港区)はジャカルタ中心部で高層オフィスビルを開発する。

BITECに新オフィスビル、BTSバンナー駅直結newsclip

【タイ】バンコクの高架電車BTSバンナー駅前のコンベンションセンター「バンコク国際貿易展示センター(BITEC)」に建設されたオフィスビル「ピラットタワー・アト・BITEC(BHIRAJ TOWER at BITEC)...

清水建設、シンガポールでオフィスビル開発newsclip

【シンガポール】清水建設はシンガポールのビジネス街ロビンソン・ロードでオフィスビルを開発する。建設地を所有するアフロ・アジア・シッピング社との共同事業で、総事業費約260億円を見込む。

三栄建築設計、ハノイでオフィスビル開発newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)はベトナムに設立した合弁会社を通じ、ハノイ市でオフィスビルを開発運営する。



新着PR情報