RSS

住友倉庫、タイ・アユタヤに新倉庫

2017年11月8日(水) 12時16分(タイ時間)
【タイ】住友倉庫(大阪市北区)のタイ子会社ロジャナディストリビューションセンターは中部アユタヤ県のロジャナ工業団地内に4棟目の倉庫を建設する。延床面積3236平方メートルで、2018年5月開業の予定。

 同社のアユタヤ県の倉庫面積は計約1万6000平方メートルになる。
《newsclip》

注目ニュース

三菱倉庫、ジャカルタ郊外の配送センター開業newsclip

【インドネシア】三菱倉庫は13日、インドネシア法人のインドネシア三菱倉庫が同国西ジャワ州ブカシ県のMM2100工業団地に建設した配送センターが開業したと発表した。

フジトランス、ティラワ経済特区の倉庫稼働newsclip

【ミャンマー】フジトランスコーポレーション(名古屋市)のミャンマー法人フジトランス・ロジスティクス(ミャンマー)がヤンゴン郊外のティラワ経済特区に建設したロジスティクスセンターが完成し、10日、現...

郵船ロジスティクス、バンコク南郊に倉庫newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスのタイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)はバンコク南郊のサムットプラカン県に倉庫2棟を開設する。

【タイ】名港海運(名古屋市港区)は7日、タイの全額出資子会社メイコーアジアがバンコク郊外のアジア工業団地に建設した自社倉庫が8月下旬に稼動すると発表した。新倉庫は土地面積3万9475平方メートル、...

阪急阪神ホールディングス、シンガポールの物流倉庫で開所式newsclip

【シンガポール】阪急阪神ホールディングスグループがシンガポール西部のジャランブロー地区に建設した物流倉庫の開所式が22日、現地で行われた。

【ミャンマー】日本通運のミャンマー法人、日通ロジスティクスミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した多機能ロジスティクス倉庫が6月1日に営業を開始する。

【ミャンマー】鴻池運輸は4月27日、ミャンマー子会社のコウノイケ・ミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した倉庫が竣工し、4月1日に本格稼働を開始したと発表した。

両備、ミャンマー・ティラワ経済特区に冷凍冷蔵倉庫newsclip

【ミャンマー】両備ホールディングス(岡山市)はミャンマーに子会社を設立し、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区で冷凍冷蔵倉庫を建設運営する。投資額約30億円。

特集



新着PR情報