RSS

タイ不動産のセンシリ 同業から高級マンション事業取得へ

2017年11月8日(水) 22時17分(タイ時間)
【タイ】タイの不動産デベロッパー、センシリは7日、同業のペース・デベロップメントが手がける高級マンションプロジェクト2件を取得することでペースと合意し、覚書に調印したと発表した。

 取得を予定しているのは、バンコク都心のランスワン通りに建設する予定の「ニミット・ランスワン」(地上54階、187戸)と、ペースが開発した超高層ビル「マハーナコン」(地上77階、高さ314メートル)に入居する「リッツ・カールトン・レジデンス・バンコク」(209戸)の一部、53戸。

 ペースは300億バーツを超える負債を抱え、資金難が報じられている。7日には株主割当増資で資金調達を図る方針を明らかにした。
《newsclip》

注目ニュース

三井不動産、バンコクでマンション7件追加開発 計1・6万戸にnewsclip

【タイ】三井不動産はタイの不動産デベロッパー、アナンダー・デベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション事業で、新たに7物件、計約5700戸を開発する。

プーケットでマンション開発 ロムポー・プロパティー、タイ2部上場newsclip

【タイ】タイ南部プーケット島で分譲マンションを開発販売するロムポー・プロパティーが2日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

【タイ】住友林業(東京都千代田区)はバンコクのトンロー地区で高級分譲マンションを開発する。タイの不動産開発会社プロパティーパーフェクトとの共同事業で、総投資額約1億4000万ドル。2020年完成を...

バンコク都心の旧豪大使館跡地 マンション、オフィスビルにnewsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、スパライは19日、バンコク都心のサトン通りにある旧在タイ・オーストラリア大使館跡地(面積1万2728平方メートル)を約46億バーツで取得したと発表した。

フージャース、バンコクでマンション開発newsclip

【タイ】フージャースホールディングス(東京都千代田区)はタイの不動産デベロッパー、オール・インスパイア・デベロップメントとタイに合弁会社を設立し、バンコクのプラカノン地区で分譲マンションを開発する。

野村不動産、バンコクでマンション3プロジェクト 2000戸超開発newsclip

【タイ】野村不動産(東京都新宿区)はタイの不動産デベロッパー、オリジン・プロパティーと合弁で、バンコクでマンション3プロジェクト、計2000戸超を開発する。



新着PR情報