RSS

英語能力ランキング2017、日本は80か国中37位…年々下降

2017年11月9日(木) 12時11分(タイ時間)
EF EPI 2017世界ランキングの画像
EF EPI 2017世界ランキング
EF EPI 2017地域別ランキング(アジア)の画像
EF EPI 2017地域別ランキング(アジア)
 イー・エフ・エデュケーション・ジャパンは、英語能力ランキング「EF EPI 2017」を発表した。日本は80か国中37位と前年(2016年)より順位を2位落とした。世界ランキングはオランダが1位、アジアではシンガポールが1位だった。

 EF EPIは、英語能力指数を作成し、世界中の成人の英語能力を測定したもの。第7回となる2017年の指標では、2016年にEF英語標準テスト(EF SET)を受けた100万人を超える受験者のデータに基づき、80の国と地域の英語能力をランク付けしている。

 世界ランキングは、1位「オランダ」、2位「スウェーデン」、3位「デンマーク」、4位「ノルウェー」、5位「シンガポール」。日本は37位で、2011年の第1回から毎年順位を落とし続けている。

 地域別にみると、アジアでは、1位「シンガポール」、2位「マレーシア」、3位「フィリピン」、4位「インド」、5位「香港」、6位「韓国」、7位「ベトナム」、8位「中国」、9位「日本」、10位「インドネシア」。アジアの成人の英語能力平均は、ヨーロッパに続く世界第2位だが、アジアはほかのどの地域よりも英語能力の格差が大きいという。

 このほか、Webサイトでは、中高生や大学生、専門学校生など学生の英語能力を調査した「学校向けEF英語能力指数(EF EPI-s)」も掲載されている。

◆「EF EPI 2017」上位10か国
1位 オランダ
2位 スウェーデン
3位 デンマーク
4位 ノルウェー
5位 シンガポール
6位 フィンランド
7位 ルクセンブルク
8位 南アフリカ
9位 ドイツ
10位 オーストリア

◆アジアにおける上位10か国
1位 シンガポール
2位 マレーシア
3位 フィリピン
4位 インド
5位 香港
6位 韓国
7位 ベトナム
8位 中国
9位 日本
10位 インドネシア
《工藤めぐみ@リセマム》


新着PR情報